寝汗

寝汗について

寝汗について

睡眠は、心と体を休める大切な時間です。目覚めた時、どうしても「もうちょっと寝ていたい・・・」と思ってしまうなど、スッキリ目覚めるのはなかなか至難の業です。しかしただ眠いだけでなく、寝具も自分も寝汗でびっしょりとなると、これは不快だけでなく、体に異常がないかと心配に思われるかも知れません。

寝汗というのは、運動などで出てくる汗と異なり、寝ているだけなのにかいている汗のことです。もちろん誰しも眠る間にある程度は寝汗をかき、健康な成人の寝汗は一晩にコップ一杯くらいだと言われています。これは基本的に体温調節のために体が行うものなので、寝汗自体は別に悪いものではありません。

しかしこの寝汗の量が異常に多い場合は、健康や精神の状態に何か問題があるのかもしれません。例えば寝汗がひどく、朝起きた時にパジャマやシーツまでびっしょりと濡れてしまってるような状態が続いていたら注意が必要です。特に普段はあまり寝汗をかいていない人が、ある日突然に大量の寝汗をかくようになってしまったというのなら、何らかの病気が進行している可能性も考えられるのです。さらに頭痛や倦怠感など、他の症状もある場合はなおさらです。

たとえ病気でなくても、寝汗は精神的なものや自律神経などの影響を受けるため、ストレスや疲労が限界まで蓄積していることを、体が教えてくれているのかもしれません。また大量の寝汗で濡れ、その状態で朝を迎えてしまうと、クーラーの効いた部屋や冬場なら、身体が冷えて体調を崩すこともあります。

自分は健康だと思っていても、ひどい寝汗が続くことによって、体や精神の不調に気づくことができるかもしれません。状態が悪化してしまう前に早く原因をつきとめ改善したいものです。

mou36001 at 14:00|Permalink

良い寝汗・悪い盗汗

良い寝汗・悪い盗汗

そもそも寝汗は体温調節のために行われる生理反応であり、寝汗を全くかかないほうが問題です。人間が眠りに入ると、体を動かす必要がなくなるため、発汗中枢は汗をかくことで体内の設定温度を少し下げます。つまり人の生命維持活動で必要な現象であり、運動した際に流す汗と同様、ごく自然な発汗といえます。

また怖い夢などを見た時にも脳の発汗中枢も刺激してしまい、多量の汗をかいてしまうケースの寝汗もあります。夢を見るのはレム睡眠といわれる眠りの浅い睡眠時なので、だいたい起きる前に多量に寝汗をかく事になりますから、恐ろしい夢から覚めると汗でびっしょり、というのも納得がいきます。こちらの原因でかく寝汗はサラサラの汗で、全く問題はありません

しかしこれとは異なり、起床時に頭痛や倦怠感を伴ったり、ベタベタとした感触のある病的な寝汗もあります。これを漢方や一部のお医者さんは「盗汗(とうかん)」と呼び、健康的な寝汗と区別する為にこの呼び名を使っているようです。

人間の体内の水分は血液や涙など様々な形で存在し、それぞれ重要な役割を果たしていますが、水分を補給しない状態で汗をかけば、体内では血液などの濃度を上げて(つまり血液ドロドロ状態)にして汗を出す分の水分を調達します。つまり他の体液の水分を「盗んで」汗にしてしまう!という事から、こういった寝汗を盗汗と呼ぶわけです。

このように身体から水分が奪われることにより、体調が不安定になったり病気を誘発する恐れがあるのです。また自律神経の乱れや、ホルモンバランスの変化などにより、大量の寝汗をかきやすくなってしまうこともありますので、病気のサインとしての寝汗も考えられるのです。

寝汗の量が尋常ではないと感じたら、寝具を取り替えるといった表面的な解決だけではなく、出来るだけ早く原因を究明し、解決するようにしましょう。


mou36001 at 15:00|Permalink

女性と寝汗

女性と寝汗

ホルモンバランスが変化しやすい女性は、自律神経も安定しにくい傾向にあり、生理・妊娠といった要因でも寝汗をかきやすくなります。その他さまざまな理由でも病気のサインとして寝汗が起こるため、たかが寝汗と受け流さず、男性よりもしっかりと寝汗の原因を追及したほうが良いかもしれません。

例えば「月経前症候群」と言われる症状の中には、寝汗を大量にかくという症状があげられています。月経前症候群とは、月経前の2週間にホルモンがアンバランスになることによって、下腹部痛やイライラ、眠気や倦怠感など、さまざまな症状が現れる状態を指します。定期的に寝汗をかく時期がある、という人は、自分が月経前症候群になっているのではないか、専門の産婦人科などで確認してみましょう。

これは病気ではありませんが、妊娠の初期・後期には、ホルモンのバランスが崩れやすくなったり、身体が大きく変化するため、寝汗をかくようになることが多々あります。妊娠時にはよくみられることなので基本的には問題ありませんが、特に寝汗で体を冷やさないようにすることが大事ですし、寝汗の量が多すぎて不安な場合は、定期健診の際に相談してみましょう。

その他、妊娠・出産をきっかけに発病することも多い病気としては、甲状腺ホルモンの分泌に異常が出ているケースが考えられます。寝汗だけでなく微熱が続いたり、動悸や不眠などの症状がみられたり、首にある甲状腺が腫れているようなら、すぐに内科を受診してみる必要がありそうです。また遺伝性も強い病気ですので、母親など親族にこのような症状が出ていた際には可能性があるかもしれません。

更年期障害が原因でも、ホルモンバランスが崩れて大量の寝汗をかくことがあります。更年期障害は40代から50代にかけ、エストロゲンという体内ホルモンの欠乏によって起きますが、情緒不安定や動悸・息切れといった諸症状があります。

どれも投薬や漢方などさまざまな方法で改善できますので、疑いがある場合にはなるべく早く医療関係に相談し、少しでも楽な状態へ自分自身を導いてあげましょう。男性もですが、女性は特に寝汗を健康のバロメーターにして、上手に利用していければと思われます。


mou36001 at 15:00|Permalink

子供の寝汗

子供の寝汗

大人の寝汗の場合、健康な寝汗か良くない盗汗か判断が必要になりますが、赤ちゃんや子供の寝汗となると話は別です。特に赤ちゃんは大人よりも体温が高いため非常に寝汗をかきやすく、またその水分量も大変多いのですが、それはとても自然な現象です。

しかし健康の証とはいえ、赤ちゃんの場合、注意しなければならないのは寝汗をかいた後の処置です。まず、赤ちゃんの寝汗の量は非常に多いため、濡れっぱなしのまま放置してしまうと体が冷え、風邪を引いたり、あせもができる原因となってしまいます。かといって眠っている時に着替えさせたり、寝具を交換すると、睡眠を妨げてしまう恐れもあるので困りものです。出来ればスポーツタオルを二つ折りにしたものを敷いて寝かせ(特に後頭部や背中に汗をかきます)、タオルがびっしょりになったら寝返りの隙に交換しましょう。

小学生くらいまでの子供も、体温調節の機能の発達具合によって個人差はありますが、まだまだ寝汗が多く、特に男の子は親がビックリするほど汗をかきます。子供の寝汗対策としては、寝付いてからしばらくの入眠時が特に汗をかきますので、寝息が聞こえてきたら布団の下側をめくり、余分な熱を放出させましょう。30分くらい経って、体温が落ち着いたら布団を戻すか、寒くなければお腹に布団をかけ足は出しておくことで、寝汗をだいぶ軽減することができます。

また赤ちゃんや子供はとても暑がりなので、大人よりも薄めのパジャマでも大丈夫です。寝冷えしないよう、暖かいようにと思って着せすぎたせいで、寝汗で体温調整しているという場合もあるかもしれません。

ただし寝汗とともに微熱が出ている時は、風邪の可能性はもちろんですが、なんらかのストレスが子供の心にかかっている場合もあります。他の症状や大量の寝汗が続いていて気になる場合、早めに診察を受け、医師に相談してみることをお勧めいたします。


mou36001 at 15:00|Permalink

病気に関する寝汗

病気に関する寝汗

寝汗は本来、健康な生理現象によるものですし、体質的に寝汗をかきやすい人も存在しますが、なかには病気の症状としての寝汗もあるので注意が必要です。

風邪を引いた際にも、高熱のため多量の寝汗をかきますが、あくまでも体温調節のための寝汗なので、これ自体は問題はありません。しかし寝汗で濡れた状態をそのままにしておくと、身体が冷えて病状が悪化する事もありますので、ちゃんと着替えをし、多量の発汗で失った水分も補給しておきましょう。

風邪以外の病気で、寝汗をかく症状があるものは結核です。結核は過去の病気だというイメージがありますが、まだまだ結核を発病する人はいますし、感染症だけに常に気をつけたい病気のひとつなのです。結核の症状としての寝汗は、夜中に大量の寝汗が出てしまい、パジャマや寝具を取り換えなければならないこともあるようです。寝汗以外にも微熱や咳などの症状もありますが、最初は「風邪かな?」と思ってしまいがちですので、自己判断せず病院で診察を受けましょう。

寝汗の量があまりにも多い場合は、自律神経失調症など、神経系に異常をきたしている可能性があります。自律神経失調症になると精神が不安定になり、めまいや頭痛、耳鳴りや立ちくらみなどさまざまな症状を起こし、日常生活はもちろんのこと、仕事や勉強に支障を生じてしまいます。

また寝汗をかくのは、普段の生理現象や病気などでなく、過剰なストレスなどメンタルな原因であることも少なくありません。これを放っておくと、いずれ自律神経失調症の悪化やうつ病の発症といった神経性の病気になってしまうこともあるのです。

健康な寝汗と異なり、病気が原因の寝汗はネットリと粘りつくような感じがするといわれています。そういったいつもとは違うタイプの汗をかく場合や、大量の寝汗が続くのに原因が自分では判らないという場合は、早めに医師に診断してもらいましょう。


mou36001 at 15:00|Permalink

寝汗対策

寝汗対策

寝汗の対策ですが、生活習慣の乱れによる体調不良を改善するためにも、まずは睡眠時刻や時間を安定させましょう。不規則な食事時間や、ビタミンやたんぱく質が欠如した偏った栄養バランスも胃腸機能が低下し、寝汗の原因につながります。

寝る前の3時間は食事を摂らないようにするのも、肥満防止と同様に、寝汗を防ぐの手段のひとつです。また寝汗を恐れて水分補給を控えたくなりますが、そうすると血液などから水分を放出することになるため、結果的にベタベタした盗汗をかく原因となってしまいます。過度の摂取は控えるべきですが、水分が多い方が健康には影響を与えにくいので、十分な水分補給を心がけましょう。 ただし寝る前の水分補給は、コーヒーやお茶、酒類などは利尿効果がありますので、スポーツドリンクなどが適当かもしれません。

そして快適な寝床を用意することも重要なので、温度だけでなく、湿度にも(40〜60%くらいが最適と言われます)気をつけたいものです。水分吸収効率が高い、サラッとした肌触りを維持できる寝具や、寝室の温度・湿度を調整できるエアコンなど上手に利用しましょう。

さらには寝る前に、できるだけその日のストレスを解消できるようにしたいものです。「寝るのが一番のストレス解消」という方もいらっしゃるかもしれませんが、眠ることでは解消されないタイプのストレスも確かに存在しています。寝る前には自分にとって楽しいことや心が落ち着くことを行ったり、良い香りを漂わせたり好きな音楽を聴くなど、幸せな入眠方法を探してみて下さい。

寝汗で困った時は、原因は病気ということもありますので、まずは病院で相談してみます。それで身体的には問題ないようでしたら、今度は心の健康、すなわちストレスの軽減に努め、生活習慣や寝室の環境を変えて、寝汗の軽減または解消をめざしましょう。


mou36001 at 17:10|Permalink